社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

社内恋愛のために会社を辞める決断をするべきときパターン

      2017/04/08

business-456757_640

社内で男女が出会い、社内恋愛が始まると言うのは、よくあるパターンであり、自然的な流れかもしれません。

大人になってからの出会いは、ごく狭くなり、会社と家との往復で、出会いも少なく、職場が出会いの場になることが多くなるからです。

しかし、社内恋愛は、リスクも高く、時として、会社を辞める決断をしなければならないことも。

職場恋愛の最悪のパターン。そういった決断をするべきパターンとはどういった場合なのでしょうか?

スポンサーリンク

お堅い企業だった場合

やはり社内恋愛で一番障害になるのは、その会社の社風です。

本来人と人とがお互いを好きになる気持ちは止めることはできませんから、社内恋愛はあって当たり前のことです。外国なんかではとても自然で、当たり前のことですよね。

実際、現在結婚している人も職場恋愛でした。という人が多いのが現実です。

しかし法律は職場恋愛を許しても、会社が古臭い習慣を守っている企業だった場合、風当たりが強くなり、とくに上司から嫌な顔をされます。

実際にそれが原因で出世街道から外れる、地方の部署に飛ばされるなどが実際にあります。

そんなときは、やはりキャリアアップが望めない方が会社を辞める決断をするほうが賢明な方法と言えるかもしれません。

 

結婚を決めた時

社内恋愛は、職場では、タブーとされていますが、結婚を前提に付き合う場合は、オープンにしておく必要もあります。

上司に仲人を頼んだり、結婚式に同僚たちを呼ぶと言うことを考えると、早めに報告しておいた方が良いからです。

そして、女性の場合は、寿退社で、結婚を機に辞める事が多いので、社内恋愛から結婚を決めた際には、辞職を考慮するようになるのです。

スポンサーリンク

嫉妬の嵐で

社内恋愛は、秘密にしておく必要があります。

特に、イケメンや美人であると、どちらかに好意を持っている同僚たちから、もしも二人が付き合っていると言うことがばれてしまうと、執拗な苛めや嫉妬を受けることになるからです。

執拗な嫉妬や苛めに耐えきれなくなって、退職をすると言う人も多いのです。

特に女性グループから目を付けられると、陰険な態度を受けて、精神的にもダメージを受けることになるので、社内恋愛は、出来るだけ秘密にしておいた方が良いでしょう。

 

彼・彼女と別れてしまった

社内恋愛は、二人の関係があって社内恋愛と言いますが、何らかの原因で、二人が別れてしまえば、そこで社内恋愛は終わってしまいます。

その終わり方がドロドロで、お互いの顔を見たくない、気まずいと言う場合、どちらかが、仕事を辞めることになるでしょう。

仕事を辞めるか、所属部署を変わるか、どちらかの選択になるのが、一般的なのです。

このように、社内恋愛はリスクも高く、場合によっては辞職に追いやられる可能性も高いので、しっかりと頭に入れておくようにしましょう。


スポンサーリンク

 - 社内恋愛の人間関係 , ,

  関連記事