社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

社内恋愛カップルが結婚式をあげるときの心配りしたい4つのマナー

      2017/04/08

banquet-453799_640

社内恋愛は、リスクが高いので、出来るだけ秘密にしておくべきですが、結婚を意識し、そのままゴールインになった場合、会社内に報告する必要があります。

特に職場恋愛で結婚式をあげるとなると、心配りをする必要があります。

そこで、社内恋愛カップルが結婚式をあげる時のマナーについて、お話しましょう。

スポンサーリンク

上司には、3か月前に報告

社内恋愛の末、結婚式を挙げる場合、仲人が必要な時があるでしょう。

この大役を上司にしてもらうと言うのが、通常の依頼なので、上司にそのことを伝える必要があるのです。

しかし、それは、結婚式の直前と言うことが無いように気を付けるべきです。

大体、3か月前から報告をし、そして仲人の依頼をすることが、マナーと言えます。

なぜなら、上司には、社内に結婚の旨を伝える必要があり、そして、仲人を引き受けるとすれば、それなりに準備が必要です。

又、どちらかが離職する場合は、その引継ぎもしていかなければなりませんから、大体3か月前には報告しておきましょう。

 

二人そろっての報告

二人でこれから新しい生活をすることになるので、二人揃って、きちんと報告するのがマナーです。

勿論、最初に直属の上司に報告することが大事です。

誰か別の人から話を聞かれたとあっては、上司としては、あまりいい気持ちがしませんし、その後の職場の雰囲気を崩すことになりかねませんので、二人揃っての報告をするようにしましょう。

スポンサーリンク

上司や同僚への気遣い

社内恋愛からの結婚式は、当然、仕事でお世話になっている人が共通する為、多くの会社の人を呼ぶことになります。

その為、誰を呼ぶかは慎重に行わなければならないのです。

自分は呼ばれていないとなれば、とても気分が悪いですし、かといって呼ぶ人数は限られてしまうので、職場恋愛はそこが悩みどころなのです。

二人で、慎重に、結婚式や披露宴に招待する人を厳選してください。

 

直属上司は呼ぶべき

普段から仕事でお世話になっている人であれば、当然、結婚式には上司を呼ぶべきです。

同僚ばかりを呼んで、先輩や上司を呼ばないと言うのは、あまりいい気持ちはしません。

3か月前にただ単に報告をしただけではなく、結婚式に参加してもらう旨も伝えると、自分が必要にされていると思って、上司は気分がいいものです。

上司だって人間ですから、部下の結婚式には出たいでしょう。

どんな上司であろうと、社会人のマナーとして、きちんと上司を呼ぶようにしましょう。

このように、社内恋愛からの結婚は、社内の人に対するマナーをしっかりと持たないと、その後の雰囲気を悪くするので、注意してください。


スポンサーリンク

 - 社内恋愛の人間関係 , ,

  関連記事