社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

うつ病の彼氏との接し方・メール・治し方まで

      2017/04/08

teddy-562960_960_720

今はうつ病という病気になっても、以前のように特別な目で見られることもなくなってきました。

ストレスを抱えて生きる現代人は、年齢や性別に関係なくうつ病になるリスクはあります。

もしも自分の彼氏がうつ状態になり、苦しんでいるとしたらどう接したら良いのかわからずに戸惑うこともあるでしょう。

でも、うつ病というのは病気なのできちんと治療をしていればそれほど深刻に考えることはありません。

あまりにも腫れ物に触るように恐々と接してしまうのは逆に彼氏には負担に感じてしまうこともあるので注意しなくてはいけません。

では、どのような接すれば良いのか探ってみましょう。

スポンサーリンク

彼氏がうつ病と診断された

彼氏がメンタルが原因で体調に変化が出てきても、なかなか病院に行ってハッキリと診断されるまでには時間がかかります。

精神科に行くことに抵抗を感じてしまう方も少なくないからです。

もしも彼氏がストレスを抱えていて、体調も良くない状態が続いているのなら、気軽な気持ちで病院に行くように促してあげましょう。

 

精神科じゃなくても、心療内科でも、一般的な内科でも相談してみても大丈夫なんですよ。

午前中に元気がなく、夜になると徐々に元気になるような感じや、食欲がなくなったり、

寝つきが悪くなるなどの症状が見られたら、うつ病の可能性もあります。

 

接し方は医師に聞くこと

彼氏がうつ病と診断された場合、日常の接し方はどのようにすれば良いのか、知識がないとわかりません。

もしも彼の担当している医師から許可されたなら、診察に同行してみるのも良い方法です。

どのように接すれば良いのか、また注意すべき点などをアドバイスしてくれることもあります。

 

うつ病は周囲の人が理解してくれることが大切なのですが、人によっては症状も様々なので難しいものです。

普段は元気な様子でも、突然元気がなくなってしまうこともあるので戸惑うことも多々あるでしょう。

医師は症状を診ながら投薬治療などを行いますので、

家族や親しい人から様子を聞く機会があるのも治療に役立つので相談に乗ってくれるケースもあります。

診察に一緒について行っても良いか聞いてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

わたしの場合

わたしの場合、彼は実家暮らしだったので、会う頻度を減らすようにしました。

仕事が原因でうつ病を発症した彼ですが、やはりわたしと会う時間や人間関係も、うつ病の間は負担になると考えたからです。

もちろん、彼のことを嫌いになっていない。負担にならないように支えたいと伝えたうえでのことです。

 

うつ病中は外での楽しい話や、知人についてのことなどはあまり話してはいけないので、話す内容にも気をつかいます。

かといって無言が続いてしまうのも精神的ストレスを与えかねません。

2人での過ごし方は、ヒーリング音楽を聞きながら、ドライブをするというデートをしていました。

 

もちろん運転はわたしで、途中海によったり、森で森林浴をしたりして過ごしました。

人が多い場所は音がうるさい場所はさけて、静かでゆっくり過ごせ、自然と触れ合える場所がおすすめです。

 

治療の邪魔をしないようにする

精神的なことが原因になる疾患は、薬を飲みながら日常生活を問題なく送れることも多いので、

もしも彼氏がうつ病の症状が出たとしてもゆっくりと治療をすれば大丈夫です。

 

焦らせることはダメですから、会話の中でもメールの文面でも「早く良くなってね」とか「頑張って早く治してね」なんてことは控えましょう。

うつ病になる人は、日ごろから頑張り過ぎてしまう傾向にありますから、頑張って言われることが更なる負担になってしまうこともあるからです。

ゆっくりと治療すれば必ず良くなってくれると信じて、アナタもリラックスして接するようにしていきましょう。


スポンサーリンク

 - カップル , , , ,

  関連記事