社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

片思いの男性に振られたときしておけばよかったと後悔する4つのこと

      2017/04/08

hands-675899_640

片思いはとても辛いものですから、何とか告白をしたいと思うものですが、失敗することも多いのです。

好きな男性への告白で失敗した際に、振られた際に、こうしておけば良かったと後悔することもあるでしょう。

では一体どんなことに後悔してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

彼女がいるのかどうかをチェックしなかったこと

告白をすると言うことは、成功したいと思っているのですから、当然相手がフリーでなければなりません。

中にはチャライ男性もいるので、それはとても悲しい恋愛になるので、振られた事を考えると、避けたいところです。

そこで、自分が好きになった人には彼女がいるのかどうかをしっかりとチェックしておくことを忘れていけないのです。

 

相手の気持ちを考えなかったこと

片思いと言うのは、盲目になりやすくなるものです。

自分の恋に気づいてとばかりに、相手の気持ちも考えずにぐいぐいと行ってしまい、それが振られた原因となり、失敗に終わります。

相手の気持ちもしっかりと考えて行動することが大事です。

例え片思いで終わったにしても、告白すると言うことはとても勇気がいることであり、なかなか出来ません。

しかし、だからと言って、自分の気持ちばかりを一方的に強いては、相手に負担がかかり、益々嫌われてしまいます。

先ずは相手の気持ちをしっかりと考えて、告白をする機会も、相手の合わせて考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

長引く片思い

告白するタイミングを上手く図れずに、ずるずると何年も経ってしまってからの告白では、相手としても、「なぜ今さら?」と言う気持ちになってしまうでしょう。

思い切って告白をしても、「友達としてしか思えない」と言われてしまうことも多くなります。

すぐに告白すると言うのも問題ですが、逆に長引いてしまう片思い期間は、万が一相手が自分のことを好きというチャンスがあっても、

逃してしまうことになるので、注意しなければなりません。

 

告白せずに振られたこと

振られると言うのは、告白をすることで、振られると思っている人も多いのですが、実際には、片思いのまま振られることもあります。

周囲から、彼女がいると聞かされた時は、当然、自分の恋は終わってしまいます。

しかし、だからと言ってそこで終わっては、後悔が残ってしまうのです。

つまり、無理な恋だと分かっていても、けじめとして告白をすることで、気持ちが切り替えられるのです。

告白せずに振られてしまうと言うのは、一生後悔が残るので、勇気を振り絞って告白しましょう。

こうしておけばと後悔する前に、片思いから脱却する為に、振られたことを怖がらずに、勇気を持って行動しましょう。


スポンサーリンク

 - 社内恋愛の片思い , , ,

  関連記事