社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

社内恋愛ではメールや電話での頻度はどのくらいがベスト?

      2017/04/08

cell-phone-791365_640

社内恋愛では、社内でイチャイチャすることは禁止されていることが多いので、なかなか思い通りの恋愛が出来ないかもしれません。

そこで、二人の関係を深めるアイテムと言えば、メールや電話がありますね。

メールであれば、誰に邪魔されることなく、バレることなく、コミュニケーションを取ることが出来ます。

そこで、職場恋愛カップルはメールや電話での頻度はどれくらいがベストなのでしょうか?

スポンサーリンク

休憩中に

休憩中を利用して、メールをします。

この時間は、仕事をしていないので、メールをしやすいですし、仕事にも支障が出ません。

仕事中に、メールや電話をすると言うのは、非常識ですし、職場の人にばれやすくなるので、頻度としては控えなければなりません。

休憩中はある程度まとまった文章を書くことが出来ますし、込み入った話もしやすくなるので、ベストな時間と言えるでしょう。

 

家に帰ってから

家に帰ると、誰に邪魔されることなくメールや電話をすることが出来ます。

今日あった出来事を話すことが出来ますし、相談したい内容も、気兼ねなくすることが出来ます。

社内恋愛では、職場で一緒でもなかなか話をすることが出来ませんので、帰ってから、ゆっくりと話をするのが良いのです。

職場ではあまり話せなかった出来なかった分、電話やメールで高い頻度でしっかりといちゃつくことが出来ます。

会話的なメールをしたいのであれば、ラインやツイッターを使うといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

出勤前に

出勤する前に、メールや電話をするのです。

出勤前に、今日の会社内での社内恋愛の対応を打ち合わせすることで、社内で誰にもばれることなく、過ごすことが出来るでしょう。

例えば、アイコンタクトのルールや、会社帰りの待ち合わせの時間とかを話し合うのも、大事なコミュニケーションですから、朝一番でメールや電話をしておくと良いですね。

特に何も話すことがなくても、「おはよう」だけでも、その日一日気分が良くなります。

 

一日数件で

メールや電話の頻度は、多ければ、ラブラブと言うものではありません。

一日に何度も何度も、相手のことを考えずにメールや電話をしてくるようでは、相手にとって負担がかかりますし、職場恋愛でそれをしてしまうと、バレる確立も高くなります。

なので、一日数件程度に抑え、必要以上のメールや電話をしないように心がけましょう。

ましてや、社内恋愛は、リスクが高いのですから、ちょっとした言動で、すぐに噂が広まってしまうことを頭に入れて、行動してください。

社内恋愛でのメールや電話の頻度は、こういった時間帯で行うと良いですね。


スポンサーリンク

 - 社内恋愛の基本&ルール , ,

  関連記事