社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

家と職場の往復でも出会える!社会人の出逢いの場ベスト3

      2017/05/10

1.やっぱり多い職場結婚

出逢いから恋人、やがて結婚まで行きついた社会人カップルを見ると、やはり職場出の出逢いが最も多いのは確実です。

女性は社会人になることをきっかけにして、数年後には生活環境と仕事の関係ですれ違いが生じて、学生時代の恋人と別れてしまってるケースが多いようです。

そのため、新入社員で入社後3年間くらいで職場でカップルとして良き出逢いに恵まれるケースはあるようです。

 

それに同じ職場という意味では、それぞれ話題も仕事としては共通ですし、男女の比率も年齢層的にも、似た者同士といった確率はやはり会社の方が多いですね。

職場で良き出会いにするコツとしては、広く人脈を手広くしておくことが肝心ですね。

一つの部署にとどまらず、関係部署で気軽に話が出来るとか、挨拶も頻繁な人の方がやはり社会人でも出逢いのチャンスは広がります。

 

この「仕事を通じて。」という部分が重要で、良き出逢いは必ずどこかで偶然の要素が重なって成り立って行くものです。

また職場を出てから、同じ職場の異性と恋人や出逢いを求めるというのは、案外うまくいきません。

仕事の最中で恋愛と言うと不謹慎ですが、実際は気軽な話や相談とか、そういう何気ない会話の連続と繰り返しで、職場では出逢いのチャンスが仕事中でも広がるのです。

スポンサーリンク

2.取引先で出逢う方法論

社会人では、営業職でなくとも部署を通じて外部の会社と取引上、会わなくてはならないことは、非常に多くあります。

その中に社会人同士の出逢いの場は案外あるものです。

この場合は、決して同世代に限った話ではありませんが、近い年齢層、あるいは場合によっては年上の独身者同士の出逢いは期待できるでしょう。

 

こう言ってはなんですが、知り合いの俗にいう玉の輿に乗った人でも、その出逢いは実は社会人として数年間の間に生まれた取引先会社の経営者だったのです。

これは仕事の上でどのような関わり方や、立場で随分と密接な関係になるかは決まるため、運命的な出逢いなのかもしれませんね。

このケースでは恋人同士の期間は非常に短かったですね。

 

ただこうした取引先との関係は、内密にしておかねば会社同士の関係にヒビが入ったりするので、

社外を出てプライベートで交流するにしても、よくよく自分の部署の同僚や仕事上関係のある上司や周辺の人たちに配慮が必要です。

出逢いから突然告白して恋人同士というのは、まず有り得ませんね。

プライベートや同じ職場での出逢いに比べて出逢いからお付き合いして恋人同士になるまでの道のりには、社会人として時間がそれなりにかかる出逢いです。

 

3.合コンは合理的な出逢いでしょうか?

学生時代では、違う大学同士のサークルなどで合コンといった手段で交流を広げて出逢いの場は様々確保できます。

しかしながら、社会人における合コンとは、まずセッティングする人の存在が無ければあまり頻繁には行えないのが難点です。

同じ会社内で違う部署同士、合コンするにしても、仲介役となる人がいないとまず成立せず合コンの出逢いは難しいですね。

 

なかなか出会いから恋人同士に行きつくまでは時間がかかるものです。

上手に社会人で合コンのセッティングをするには、まず自分が最初に宴会の幹事などの経験を積むことです。

社会人1年目から2年目までは、同世代で同じ部署の様々な飲み会が催されるはずですが、

そこから人脈を作って他の部署の人たちを引き入れ、合コンという出会いの場を積極的に会社内で持っていくのが、社会人での合コンの極意です。

 

つまり飲み仲間をどんどん同性、異性を問わず拡大していくことですね。

そこから、また少数グループでの小規模飲み会から、今度は違うグループ同士の合コンと発展してくわけです。

社会人の出逢いとは、こうして人脈を利用していくことで、会社で仕事をしながら出逢いの場を作っていきます。

それにしても社会人になると恋人を探すだけでもかなりの労苦だと思いませんか?

スポンサーリンク

偶然の出逢いって本当にあると思いますか?

実際社会人生活をしていると、本当に偶然の出逢いは一般的には難しいです。

実のところ私自身も本当に通勤途中で仕事終わりなどで、偶然の出逢いのチャンスを多少は期待しましたが、

それも十年近く務めた中では、そこまで密接な関係になる程の出逢いはありませんでした。

 

ただ、会社の帰りで帰宅途中といった通勤でも帰りで余裕がある時は、イベントやギャラリーなどの見学で人と交流がありますから、

そういう意味では偶然性のある出逢いは、多少期待できるかもしれません。

それとやはり休日にどう自分が行動するか、その範囲によりけりですね。

 

それと同じ通勤でも朝は全く期待値ゼロで、皆出社時刻に合わせて急いでいますから、そこで出逢いのチャンスを探るのは難しいです。

それとこれは男性要注意ですが、電車内など公共交通機関での異性同士の出逢いはまずドラマや、

小説、あるいは巷にあるうわさ話や逸話などのようにはならず、ほとんど誤解されるのでその辺はよく心得て欲しいものです。

社会人同士の出逢いは、原則として通勤途中では起こり得ないというわけです。恋人同士になるまで発展するのは、かなりの偶然が重ならない限り無理です。

 

失敗しやすい出逢いの場

出逢いの場の代表格として、有料で料金を支払って簡素なパーティーに参加するというのがあります。

ところがこれは利用する際に、まず一つ出逢いのチャンスの前に覚悟が必要です。

 

有料で主催されるパーティーのほとんどは、もちろん学生ではなく社会人が多いのですが、

プライベートでの出逢いや会社内のとの出逢いとは違って、どの人も「自分のステージを引き上げるために参加する。」という事が大前提になっています。

そのため、出逢いの前に社会人としての会社での地位、あるいは給与や収入や財産、など、ある程度自分の価値基準を取捨選択されるということです。

 

言ってみればかなり打算的なわけですね。出逢いからいきなり恋人になることを期待し、また期待されることが多いです。

これは実際通ってみると本当にその通りで、ゆっくり恋人からスタートするというより、

明確に出逢いからお付き合いして、最終的にゴールインまで想定しているといった感じの人が大半です。

 

自分の社会的立場に自信があるとか、一方が片方の生活の面倒を見られるほど、甲斐性があるとか、

条件がそれなりに厳しい出逢いという事は知っていて損は無いでしょう。


スポンサーリンク

 - 恋愛のルール , , , ,

  関連記事