社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

だからモテない!職場の嫌な女ってどんな性格?行動?

      2017/04/08

職場で嫌な女にならないためのポイント

CSSS85_MBAwonozokujyosei20131019_TP_V

どんな職場でも、なぜか嫌われる存在はいるものです。

厄介なのは嫌われていることに本人が気がついていないこと。

自分では人気者だと勘違いしている最悪のケースもあるんです。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざから学び、職場の嫌な女にならないためのポイントをチェックしましょう。

職場の嫌な女はこんな人!をあげてみます。

スポンサーリンク

できないことを平然とアピールする

仕事というのは趣味ではないので、できないこともできる努力をするくらいの気持ちは必要です。

しかし職場の嫌な女には、「できない」とか「自信がない」ことを平然と周囲にアピールして、弱音を吐き、甘えて手伝ってもらおうとします。

可愛く甘えれば男性社員からは好かれる場合もあるかも知れませんが、同じ女性社員からは嫌われます。

それに、そんなことばかりを続けていると、男性社員からも厄介者扱いされるようになる確率が高いです。

 

人を見る態度の変化

職場の嫌な女の条件としてわかりやすいのが、上司や先輩などキーパーソンになる人物に対する態度とその他の人には別人のように人が変わることです。

人間的にも信頼できないし、計算高くて友達にもなりたくありません。

男性社員からもあからさまに人によって態度を変える女性は印象が悪いです。

スポンサーリンク

愚痴や文句が多い

職場の嫌な女は、無口な人より口数が多く、その内容は愚痴や人の悪口が多くて聞く人は気持ちの良いものではありません。

しかもその愚痴や悪口に同調しないと、今度は他の人に自分の悪口を言いふらすような場合は困ります。

おしゃべり好きでも楽しい会話ではなく、愚痴、文句、悪口の多い人とは距離を置くようにするのが賢明です。

 

人の仕事を手伝わない

職場では、仲間意識が高いのは良い面もありますし悪い面もあります。

ある程度はクールに、自分の仕事に責任を持つ必要はありますが、誰かが困っている時でも、自分の担当する仕事以外は絶対に手を出さないのはどうでしょう。

協力しようとする意識がゼロの人間は、職場ではイメージは悪くなります。

 

何事にもネガティブ

職場で嫌な女というイメージは、押しが強くて無神経で、人の心に土足で踏み込んでいくような、ある意味では「ポジティブ」な性格の人の方が嫌われ度が目立ちます。

しかし実はネガティブな性格の人の方が「ちょっと苦手」と思われるのです。

どんなことにも消極的で、悪い方にばかり考えてしまうようなネガティブな性格の人は周囲の空気も悪くするので遠ざけられることも考えられます。

ポジティブに考えることと、無神経で鈍感になることは違うので、少しプラス思考を身につけるようにしたいですね。


スポンサーリンク

 - 会社でのモテテクニック , , ,

  関連記事