社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

レディーススーツをお洒落&モテに着こなす着こなしテクニック

      2017/04/08

モテるレディーススーツの着こなしポイント

office-girl-1044556_960_720

ビジネススーツをかっこよく着こなしていると、女性も男性も職場でかなり注目されます。

もちろん、仕事もきちんとできないと外見ばかりではダメですが、オシャレな人だと注目されるレディーススーツの着こなしテクニックは覚えておいて損はないでしょう。

レディーススーツの着こなしテクニックは、男性と同様に小物などにもポイントがあります。

着こなし上級者になるためのテクニックをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ジャケットのサイズにこだわろう

レディーススーツのジャケットは、シンプルなデザインから凝ったデザインまで豊富にあります。

その点が男性のビジネススーツとは違う点でしょう。

ただ、オフィスではあまり凝ったデザインは目立ちすぎてしまうリスクもあるため、シンプルなレディーススーツを定番とする方が印象が良いです。

ただし、自分のボディにキレイにフィットするジャケット選びには手を抜かないようにしましょう。

肩が合ってない、袖は短い、バストやウエストが合わないジャケットは魅力的には見えません。

ポイントとしては、ジャケットのボタンを閉めた時に妙なシワが寄ったり、少し動くだけで肩がずれたりしないジャストフィットのジャケットを選ぶようにすることです。

 

ボトムの丈にこだわろう

レディーススーツのボトムはスカートとパンツのどちらかを選ぶことになります。
ジャケット一着にスカートとパンツがセットになっている3点セットのレディーススーツなら着回しもできて着こなしの幅も広がります。

この時にこだわりたいのが丈です。

スカート丈は長すぎるとオバサンっぽくなりますし、短すぎるのも当然NGです。

適度なスカート丈は膝に少しかかる程度です。

ジャケットの着丈とのバランスがあるので、必ずジャケットを着た状態でスカート丈を選ぶようにしましょう。

パンツの丈はヒールを履くことを前提にしますので、試着の時にペタンコの靴を履かないように注意してください。

ヒールの半分くらいがパンツの裾で隠れるくらいがベストです。

スポンサーリンク

小物にもこだわろう

男性のビジネススーツの小物と言えば、ネクタイやタイピンなどです。

女性の場合はネクタイをしないのでアクセサリーやインナーのデザインなどで変化をつけて着こなすことになります。

ただ、忘れてはいけないのが靴とストッキングです。

靴はレディーススーツの色合いによって選びますが、同じスーツでも靴が変わるだけで印象も変化します。

季節によってカラーを変えて楽しんでみるのもおすすめです。

ただし、ブーツやミュールは職場では避けた方が良いです。

 

ストッキングの色は自分の肌に一番近いベージュが無難ですが、少し濃いめの色を選ぶと引き締まってきれいな脚に見せてくれます。

黒のストッキングは好みが分かれるので、あまりおすすめしません。

スカート丈が長めであったり、タイトスカートじゃなければ黒ストッキングでも下品な印象にはなりません。


スポンサーリンク

 - 会社でのモテテクニック , , , ,

  関連記事