社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

苦手で苦痛な飲み会の席。飲み会で緊張しない3つの方法

      2017/04/08

bar-1839361_960_720

社会人になると苦手な飲み会も避けて通れなくなるケースがほとんどです。

わたしも新人時代は飲み会にひどく緊張していて、6年目の今はようやく後輩もできて飲み会が楽しくなりました。

付き合いが悪いなと思わせないためにも、苦手な飲み会で緊張しない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.ほどほどに飲む

飲み会が苦手でも、どうしても断る事ができずに参加を余儀なくされることが社会人にとってはよくある事です。

飲み会が苦手という人の多くが初対面の人と話す時に緊張してしまうなど、様々な理由で飲み会を避けている人もいます。

緊張を溶きほぐすために効果的な事に、お酒をほどほどに飲むという方法があります。

この場合、お酒が飲めない人が飲んでしまうと全く逆効果で気分が悪くなってしまう事があるので注意が必要です。

 

飲みすぎはタブー

お飲み会の席では、お酒は飲みすぎないのが鉄則で、飲みすぎて迷惑をかけてしまうとさらに恥ずかしさで飲み会への参加が苦痛になってしまいます。

ほどほどに飲んで、ほろ酔いぐらいになれるなら、飲んで食べてその場を楽しむ事が大切です。

 

2.お酒が飲めない人は安心できる人のそばにいる事

ではお酒が飲めない人の場合、飲み会の場で緊張を解きほぐすのに効果的なのは、親しい同僚の近くにいる事です。

特に、親しい友人がいない場合は、会社内でも面倒見のいいタイプの人の近くにいる事で、気持ちをほぐす事ができます。

スポンサーリンク

面倒みのいいタイプを探す

自分から率先して話をしなくても、面倒見のいいタイプの人なら、

困っていると助け舟を出してくれる事もあるので、緊張してしまう事を事前に話しておいて、助けてもらうとより効果的でもあります。

 

3.話すのが苦手なら聞いてみる

実際に、飲み会の席で助けてもらってその場の緊張を逃れる事もできますが、自分なりになぜ緊張するのかを知っておくことも大切です。

話す事が苦手な場合は、自分の事を話すのではなく、相手に質問をしてみて、

話を振ってみるなど、話さなくても良い状況をつくる練習をしておくことが大切です。

 

知らない人と話をするのは、誰でも緊張するものですが、相手に話を振ってしまえば、

話かけられたときに緊張する事なく、その場を乗り切る事もできます。

真面目な人ほど、飲み会でのコミュニケーションが苦手な場合が多く、

ある意味適当にやり過ごせるタイプの人が、特に緊張せずに飲み会を終える事ができます。

 

なぜ緊張するのかを分析しておくことも必要

お酒の席と割り切って、適当にあしらえるくらいのリラックス感で集うと、構える事なく、

飲み会を楽しむ事ができる場合もあるので、自分がなぜ緊張してしまうのかを、しっかりと自分なりに分析してみる事も大切です。

緊張する理由がわかれば、あとは対策を練って集えばいいだけなので、苦痛だった飲み会も意外と楽しいものに変化させることができるようになります。


スポンサーリンク

 - 社会人 , , , , , , ,

  関連記事