社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

初の幹事も任せろ!印象が上がる飲み会進行の手順とルール

      2017/04/08

martini-548031_960_720

社会人になって慣れてきた頃に飲み会の幹事を任せられることがあります。

飲み会の幹事を任されたときに、しっかりと進行をやりきる事で、社内での印象もアップにつながります。

チャンスと見込んで、飲み会進行の手順とルールを確認しておきましょう!

スポンサーリンク

事前の準備がカギ

飲み会の幹事をするとき、大切なのが、事前の準備です、。

お店の手配もそうですが、事前に当日の進行の準備をしっかりと行っておくことが、飲み会の成功に結び付きます。

飲み会の進行で重要なのが、司会の役割ともいえます。司会は必然的に幹事が行う事になるので、幹事の自分の第一声からはじめます。

 

司会第一声から始まる飲み会

飲み会の始まりを告げる挨拶を上司がいても恥ずかしくないような手順で行う事が大切です。

また、飲みも親睦会から、上司の転勤のお別れ会など様々です。

どちらの場合も、飲み会の始まりを告げたあとに、しっかりと上司のあいさつをしっかりといれる事が大切です。

その後に、乾杯の音頭を上司に事前に依頼しておき、乾杯を行います。

 

最後は司会のあいさつで終了

司会として行うのは、その後飲み会が終わる事をつげて終了となりますが、

乾杯をして飲み会が始まったとしても、しっかりと場の雰囲気を盛り上げる事が幹事としての仕事でもあります。

ドリンクは足りているか、カラオケなどが設置されている場合は、カラオケの曲を入れているかなどの確認を随時行っておくことが大切です。

 

一番重要なのは場の雰囲気を保つ事

飲み会の進行で大切なのは、その場の雰囲気を悪くしないように心がける事も大切です。

嫌がっているのに無理やりお酒を飲まされている人がいれば、さりげなく割って入るなど、

細かい心使いが上手にできれば、その場の雰囲気を壊す事なくすみます。

飲み会を続ける事ができるので、参加した人たちが楽しめるように十分に気を配っていくことが大切です。

スポンサーリンク

上司への心配りも重要

また、上司への心配りも重要です。特に、上司を嫌煙して近寄らない人が多いので、

幹事が率先して上司に声をかけたり、同期で仲の良い人がいれば、上司にお酌してくるように勧めたりするなどの心配りをしましょう。

 

最後に2次会へ流れるまでが大切

飲み会の進行は、最後に飲み会を占めて終了となります。

この場合、時間で予約していると事前に上司に伝えておいたり、

開始の時に挨拶の中に入れておくと、良い時間帯になると、上司の方からそろそろだよねと声をかけてくる事があります。

 

声がかかったら、挨拶をもう一度頂いたり、遠慮があれば、そのままお開きにして、

二次会の場所などを伝えて参加者などを募っておくと、次のお店へスムーズに流れる事ができます。

幹事として滞りなく場を仕切る事ができれば、上司への好感度もアップです。

飲み会は上手に利用して出世へのステップアップとしていきましょう。


スポンサーリンク

 - 社会人 , , , , ,

  関連記事