社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

上手い介抱は高ポイントゲットできる!飲み会で吐く人の対処法

      2017/10/08

飲み会では飲み過ぎで吐く人がいることも珍しくないでしょう。

そのようなときは、どう対処したらよいのでしょうか?

もちろん一緒に飲み会をした間柄です、ほっておくことなどできません。

ここでは、飲み会で吐く人の対処法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

帰宅を助けてあげる

飲み会で吐く人は、お店のトイレから出て来なかったり、吐いた後寝てしまって動かないといったパターンが多いです。

見た目は大丈夫そうに見えたとしても、そんな状態で一人の帰宅をさせるのはちょっと心配ですよね。

 

よって、上手に介抱しながら帰宅を助けてあげるとよいでしょう。

まず同性ならば肩を貸してあげて動かすことが必要ですね。

異性の場合は同じ異性の人に手伝ってもらいましょう。

 

そして、このときいつ相手が吐いてもよいように、二重にしたビニールを持っておくとよいです。

歩いても相手はふらふらな場合が多いので、何人かとタクシーに同乗して相手の自宅へ送ると間違いがありません。

 

そのためには、飲み会では事前に多めのお金を準備しておいたり、相手の自宅を把握するようにして、吐く人の飲み会からの帰宅に備えておきたいものです。

まあ、相手の帰宅が距離的に難しい場合は、近くのビジネスホテルなどを手配してあげるとよいですね。

 

大体の場合、これらのようにきちんと介抱をしてあげると、後日感謝されることもあるでしょうね。

もちろん、普通は自分が出した費用も返還してもらえるはずです。

スポンサーリンク

声をかけてあげる

飲み会で吐く人がいたら、まず「大丈夫?」ときちんと声をかけてあげるとよいでしょう。

そこで様子がおかしいと感じたら、介抱して病院に連れて行きましょう。

 

最近では、飲み会で重大な事故が発生していることもよく耳にしますので。

また、一度声をかけて終わりではなくて、できれば介抱しながら側にいて、頻繁に声をかけてあげるとよいです。

 

基本的に目を離さないようにしたいですね。

できれば他の人にも声をかけてあげることを協力してもらうとよいです。

 

水を飲ませてあげる

飲み会で吐く人がいたが、どうやら吐いてすっきりしたようだと感じたら水を飲ませてあげるとよいでしょう。

吐いた後は水分補給が重要でしょうから、飲み会中ならば水を注文してあげる、移動中ならば自動販売機で水を買ってあげるなどしたいものです。

もちろん、そこでその人と再び盛り上がろうとすることはやめておいた方がよいですね。

 

吐いて相手も疲れていることでしょうから、水分補給をさせてゆっくりさせておくのがベターでしょう。

たとえば、「まあ、水でも飲んでゆっくりしましょう」などと言って、相手に余裕を持たせてあげると好印象です。


スポンサーリンク

 - 社会人 , , , ,

  関連記事