社内恋愛.com

社内恋愛している人を応援する恋愛マニュアルサイト

*

こんなにも違う!?男女の社内恋愛における心理の違い

      2017/04/08

display-dummy-757450_640

同じシーンでも男女では全く感じ方、捉え方が違います。それを心理学的に

恋愛感情は男女によって違い、特に社内恋愛の場合は心理的な違いがあるようです。

そこで、男女の社内恋愛における心理の違いについて、お話しましょう。

スポンサーリンク

友情の優先度が違う

女性の場合、社内恋愛が始まると、恋愛が中心になり、他が見えなくなることが多いのです。

一方、男性の場合は、社内恋愛が始まっても、友情を第一に考える傾向があります。

男性は、彼女や結婚相手が見つかると、友人に紹介したいと思うのです。

勿論、社内恋愛ですから、二人の関係は秘密にしておかなければならないのですが、男性は割と友情を大事にすると言うことを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

女性は共感を求める

女性の場合、話をすることが大好きで、色々と話をしたり、悩みを話したり、そういった時に、共感してくれるような人を探す心理が働きます。

しかし、男性の場合は、その話に対して発展性を求めるので、自分が思っていないことに対しては、すぐに否定的な発言をしがちです。

それに対して、女性は共感されないことに悲観し、ついつい口喧嘩になってしまうのです。

論理ばかりで、女性としては、あまりいい気持ちがしないのに対し、男性は、いいアドバイスのためにはちょっとした討論も辞さない考えなので、そこで食い違いが生じてしまうのです。

これが、職場恋愛の中で喧嘩が加速して別れる結果にならないように、注意しましょう。

スポンサーリンク

男性は見た目から入る

男性の方が社内恋愛に発展しやすいと言われています。

その理由は、男性が見た目から入りやすいからで、元々男性は、恋愛が始まる時から、見た目を重視する傾向があるのですが、社内恋愛と言うと、益々見た目を重視する心理にあるようです。

職場にはそれぞれの人の役割があり、人はそれに対して演じる傾向があるので、本来の顔を隠してしまいがちなのです。

その為、演じている外見で始めの頃は判断してしまいがちになります。

 

女性は、内部を見る

一方女性の場合は、仕事が出来る、仕事への姿勢等から判断する人が多く、それをきっかけに、男性を好きになってしまうのです。

実は女性には、自分の子供や家族を養うだけの力があるのかどうかを見極めると言う遺伝子からの力があり、こういった女性の特徴は、人類が生まれた頃からの本能なのかもしれませんね。

社内恋愛は、男女によって感じ方が違うので、だからこそ、リスクも高く、一般の恋愛よりも職場恋愛は難しいのですね。


スポンサーリンク

 - 社内恋愛のテクニック , ,

  関連記事